子供にまずい青汁を飲んでもらうためにおいしい工夫を

飲みやすい青汁の選び方。粉末タイプがおすすめ。

青汁は体によいとはわかっていても、苦い、まずい、飲みにくいといった欠点があります。

 

しかし、選び方に気をつければおいしく飲むことができます。どんな点に気をつけて選べばおいしく飲めるのでしょうか。

 

原料

 

青汁によく使用される原料がケールと大麦若葉です。カルシウム、マグネシウム、食物繊維などを豊富に含んでいて、どちらも栄養価が高い野菜です。

 

ケールと大麦若葉を比較すると、大麦若葉の方が苦みが少なく飲みやすいです。製品によっては抹茶のような味がします。

 

クマザサ、長命草、クロレラ、明日葉、桑の葉などを使用した青汁もあります。これらを使用した青汁はクセがないことや、一つの原料ではなく複数の原料を使用しているので飲みやすくなっています。

 

甘味を加える

 

飲みやすくするためにはちみつ、粗糖、ステビアなどを配合した青汁があります。白砂糖はミネラル分が取り除かれているので健康にはあまりよくないですが、はちみつはミネラル豊富、粗糖や黒糖はミネラル分が残っています。ステビアとは甘味があるハーブで、低カロリーの甘味料として注目されています。こういった甘味がある成分が加えられていると、青汁の苦味が和らいで飲みやすくなります。

 

甘味料以外にも抹茶や緑茶を加えて飲みやすくした青汁があります。上品な味が好きな方に適しています。お茶感覚で飲めるので朝食との相性がよいです。

 

形態

 

青汁には粉末タイプと冷凍タイプがあります。飲みやすいのは粉末タイプです。

 

冷凍青汁は絞った青汁を急速冷凍したフレッシュな状態が保たれていますが、野菜の味がそのまま出やすい特徴があります。しかし、品種改良や技術の進歩で野菜本来の味を抑えて苦みが少ない冷凍青汁も登場しています。

 

粉末青汁は加工の段階で苦みを軽減できるので、冷凍青汁に比べると飲みやすいです。また、溶かす飲み物を工夫することでもおいしくなります。豆乳・牛乳・ジュースなどに混ぜると飲みやすいです。料理にも利用できるので便利です。

 

お嬢様酵素の口コミ