酵素ドリンクを飲むのは痩せやすい体にするため

酵素ドリンクを飲むのは痩せやすい体にするため

人の体内に約3000種あると言われる酵素は、人が生きていく上で欠かせない生命活動にかかわっています。

 

呼吸や筋肉を動かすこと、食べ物を消化したり、皮膚の新陳代謝などあらゆる働きでです。

 

とても大切な酵素ですが、加齢やストレス、疲れたとき、食事をするときに減っていくことがわかっています。太りやすくなったり肌荒れしたり、風邪をひきやすい、冷えやむくみが気になるようでしたら、酵素不足が原因かもしれません。

 

不足する酵素を補い、消化酵素を節約しながら代謝酵素の働きを高めるのが酵素ドリンクです。酵素ドリンクは豊富な野菜や果物を原料にし、発酵・熟成させて作られています。酵素ドリンクを選ぶときの注意点としては、酵素は熱に弱いため、加熱処理をしたドリンクには酵素の働きがない物が多いということです。しかし酵素にもいろいろ種類があって、100度で処理しても大丈夫なものもあります。熱に強いタイプを選びましょう。

 

ダイエット目的で酵素ドリンクを飲むのは、代謝酵素の働きを高めて代謝のいい体にし、老廃物の排出を促して痩せやすい体にするためです。普通の食事をしながら酵素ドリンクをプラスしていると痩せないばかりか返って太ることも考えられます。というのも市販の酵素ドリンクには砂糖の入っているものも多く、カロリーは決して低くないからです。

 

 

酵素ドリンクをダイエットに使うときは三食のうち一食をドリンクにする置き換えダイエット、あるいはファスティング(断食)の時に利用するといいでしょう。ビタミンやミネラルなど栄養が豊富ですので、置き換えやファスティング中の栄養不足を防ぐことができます。

 

 

短期間でダイエットしたいと考える人はファスティングで効果を上げようと思うかもしれませんが、せっかく落とした体重も普通の食事に戻した途端にリバウンドしてしまうこともあります。まずは一食を置き換えるなどして徐々に体を慣らすようにしましょう。1ヶ月に1回程度、3日以上続けて行わないなど、計画をたててするようにしましょう。