野菜嫌いでも、青汁カレーなら美味しく食べることができる

野菜嫌いでも、青汁カレーなら美味しく食べることができる

青汁は不味い飲み物の代表のような扱いでしたが、近年では味が良くなっていることもあり簡単に野菜不足を補えるとして健康や美容を気にする人に人気になっています。

 

 

現代人は食が欧米化することに従って野菜不足になってきています。そのため簡単に飲み物で補うことができるなら積極的に取り入れることを心がけたいものです。

 

具体的な飲むことで得られる効果としては、欧米化された食事では野菜不足によって悪玉コレステロールが増えている状態です。悪玉コレステロールが増えすぎると血液がドロドロになってしまい、様々な病気のリスクを高めてしまいます。

 

 

青汁によって野菜不足を補うことができれば、糖尿病や高血圧、脳卒中、がんなどの生活習慣病のリスクが低くなることが期待できます。

 

 

また、美容にも効果的です。主な主原料となっているケールや明日葉、大麦若葉には高い抗酸化作用のある成分が含まれていることがわかっています。この抗酸化作用が機能することによって細胞を酸化させてしまう活性酸素を除去することができ、老廃物の排除を効率的に行うことができ、全身の血行を良くして基礎代謝を高めることから美肌やダイエットにも有効です。

 

 

取り入れ方は簡単で、お湯や水に溶かす以外にも牛乳や豆乳で割ったり、野菜ジュースやフルーツジュースで割る、ヨーグルトに混ぜて食べるなど様々なアレンジで楽しむことができます。
しかし、青汁というだけあって野菜特有の苦味や青臭さなどがあるため、飲めないという人はいると思います。

 

そんな時には、食品に混ぜて摂取することがオススメです。

 

野菜嫌いな人でも特有の苦味や青臭さを感じさせない青汁カレーなら美味しく食べることができると考えられます。

 

作り方は簡単で、いつものように肉と野菜を炒めて煮込みます。野菜が柔らかくなったらルーを入れてルーが溶けるまで煮込んで完成ですが、ルーを入れる前に青汁を入れるか、ルーを入れた後にプラスすることによって完成です。
味の濃いカレーでも苦味や青臭さなどが感じられるのではないか、という心配はありますが、基本的にはまず感じることはないとされています。

 

不安な場合には、少しずつ加えていきこまめに味見をすることが良いとされています。また、ルーを選ぶのも重要なポイントといえます。

 

味や匂いがきになる場合には、生姜やにんにくをすりおろして入れたり、月桂樹を入れるなどの工夫をしてみることもオススメです。

 

野菜が苦手な人でもカレーなら食べられるという人も多く、青汁を入れることによってより高い栄養で食べることができるようになります。

 

また、カレーに入っているスパイスは夏バテや冷え、熱中症対策、食欲を増進させる効果などが期待できます。野菜が不足しているとスタミナ切れや疲れやすくなることも多いため、工夫をして摂取していくことが良いとされています。
青汁を摂取する場合には、毎日飲むことが効果的なため、自分の取り入れやすい形を見つけることも大切です。